日英翻訳コンテスト

朝日新聞デジタル 2018年4月10日
見出し

「首相案件」という官邸での面会メモ(加計文書) 愛媛県庁にあった

本文 前川喜平・前文部科学事務次官は、「愛媛県の文書は政府がいっさい説明してこなかったブラックボックスの中身を説明している。その内容から、安倍総理が明確に関与したことを示す文書である」と述べた。

前川氏は加計(かけ)学園の獣医学部新設について、これまで「行政がゆがめられた」と告発してきた。「この案件は忖度(そんたく)ではない。総理自らが何らかの意思表示をしたことを正直に認めるべきだ」と述べた。

皆様からのお便り

前川氏の言う通りだと思います。最近の一連の政治的不祥事に関して役人や政治家たちが明らかに嘘と思える答弁を繰り返して時間を空費しているのを見ると怒り心頭です。自身と所属する組織の保身のみを計り国民をバカにした態度は許されません。全員辞職すべきです。

Koony様(千葉県 無職)

全くその通りですね。

(添削者 中ノ森)

この問題、何が正しかったのかわからず、それでも常識では考えられないような内容で、気持ち悪いな、という感想です

はなこちゃん様(東京都 会社員)

そうですね。最初に浮上したのはもう1年前になりますからね。

(添削者 中ノ森)

Copyright(C) Saikigakuen Co., Ltd.