日英翻訳コンテスト

朝日新聞デジタル 2018年9月6日
見出し

北海道の全戸停電、復旧めど立たず 震度6強の地震

本文 北海道電力によると、苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所が大きな被害を被ってダウンしたため、電力の需給バランスが崩れ、他の火力発電所などが連鎖的にストップした。

それに伴い、泊(とまり)原子力発電所の外部電源が喪失し、非常用ディーゼル発電機によって燃料プールにある使用済み核燃料の冷却を継続している。現在のところ異常は確認されていないということだ。ディーゼル発電機の燃料は、少なくとも7日分は確保されているそうだ。

皆様からのお便り

日本のように局所的な自然災害の多い国で、現在のような大型の原子力発電所に頼った電力供給システムではいざという時にその大型発電施設がダウンした時の影響が大きすぎると思います。昔のような小型の水力発電所や、最近のエコフレンドリーな小規模の発電設備で、もっとローカルな仕組みに変えていかなければならない時期に来ていると思います。

Luke's Dad様(東京都 教員)

コメントありがとうございます。どれだけ費用がかかろうとも、代替発電システムの開発と使用済み核燃料や放射性廃棄物の処理についての研究開発は国の最重要課題として取り組むべきだと思います。

(添削者 中ノ森)

大きな地震が起こるとやはり原発は怖い、と不安に思います。便利さに慣れ過ぎて普段は麻痺していますが・・・

はなこちゃん様(東京都 会社員)

そうですね。ようやく電力会社こそ選べるようになりましたが、原発をこれほど地震の多い日本で使用するのは本当に無謀だと思います。電力消費地から遠い人口の少ない地域に建設するという矛盾ゆえ、周辺住民以外はこのような事故がない限り危機感を持たないのだと思います。記憶が薄れないうちに一般市民が行動を起こすことでこれ以上の惨事が起きないことを願うばかりです。

(添削者 中ノ森)

今回で2回目です。
よろしくお願いいたします。

こういった理系の問題にはからきし弱く、知識を得ようと北電のウェブサイトを見たのですが、道内だけでこんなにも発電所があって、それらが互いにケーブルで繫がっていたのだと知り、驚きました。
この地震、停電のニュースについて考え続けたせいか、つい昨日苫東厚真の1号機が復旧のニュースを見て、安堵を覚えました。

ヨウ0103様(埼玉県 会社員)

翻訳するためには背景知識が必要になりますので、普段なんとなく読み飛ばしてしまうような用語も調べることになりますよね。調べて理解すると一段と深刻さも伝わってきます。

(添削者 中ノ森)

北海道在住なので、今とても関心のあるニュースでした。テーマに選んでいただいて、どうもありがとうございました。

まっちゅ様(北海道 団体職員)

まっちゅさん、お便りありがとうございます。被災地の復興が1日も早く進みますようお祈りしています。次回もよければぜひ挑戦してみてください。

(添削者 中ノ森)

またもや大惨事になるかと思いました。全ての最悪シナリオを洗い出し、何重、何百重もの安全対策を講じて欲しいと思います。原発事故はたった1回でも許されない訳ですから。

Shozo様(愛知県 設計・技術翻訳)

おっしゃる通りだと思います。外部電源喪失があったということは、もし今回も非常用ディーゼル発電機が使用不能になっていたら福島原発事故と同様の事故になっていたのですから、その深刻さを認識してほしいと思います。

(添削者 中ノ森)

久しぶり、2回目の応募です。短めながら、用語の選択や、何重にもなっている因果関係をすっきりまとめるのに苦労しました。

もっこうバラ様(神奈川県 社内翻訳者)

ご応募ありがとうございます。次回も是非挑戦してみてください。

(添削者 中ノ森)

Copyright(C) Saikigakuen Co., Ltd.