日英翻訳コンテスト

出題中の問題:第100回

応募締切:2019年4月25日(木) 優秀者発表:2019年5月10日(金) 過去問レビューの一覧へ

以下の日本語(本文のみ)を英語に翻訳しなさい。

何事もそうであるが、国の基本システムを定めた日本国憲法をないがしろにした振る舞いは、必ずやそのしっぺ返しがあることは言わずと知れたことである。結局、その被害は国民自らに降りかかることは日本の現代史を眺めただけでも容易に分かることだ。あなかしこ・・・。

信濃毎日 2019年4月2日
見出し

新元号の決定 国民の存在はどこにある

本文 政府は皇位継承に伴って改める元号を「令和」に決めた。

明治以降、天皇一代に一つの元号とする「一世一元」が採用された。天皇が統治権を一手に掌握する総攬(そうらん)者だった明治憲法下では、天皇が時間を支配するシンボルの意味があった。

現在は日本国憲法による象徴天皇制の時代だ。天皇は日本国民の総意に基づく存在である。それなのに今回の改元手続きは国民主権とは懸け離れている。
Present!各部門の最優秀者にはAmazonギフト券500円分をプレゼントいたします。

初めてチャレンジされる方へ

●時事英語翻訳の美しさを競います。
 詳しくはご利用案内をご覧下さい。

●コンテストへの応募は無料会員登録の上、応募チケットが
 必要となります。詳しくは応募要項をご覧ください。

コンテストにチャレンジ!

応募フォームへ >>

Copyright(C) Saikigakuen Co., Ltd.