英日英語検定

Breaking News English Jul. 7, 2017
見出し

Bank of England staff to go on strike

本文 The Bank of England was established in 1694. It is the second oldest central bank in operation today. Workers at the bank are suffering along with millions more public sector staff in the UK who have had their annual salary increase capped at one per cent. This is below the level of inflation, which currently stands at 2.9 per cent.

A union spokeswoman said workers would be taking action, "because of the bank's total refusal to accept that its workforce is struggling to meet their costs of living.” She added: "It is nothing short of shameful that the iconic symbol of financial services in the UK is choosing to ride roughshod over the concerns of its dedicated and hardworking staff and impose this derisory pay deal."

総評

出題者から皆様へ

前回は、日本の教育の実態を「一種の記憶力の遊び(ゲーム)」にすぎない。だから、将棋にせよセンター試験にせよ、暗記の天才AI(人工知能)には勝てないというお話をしました。

要するに、大学の偏差値の実態は所詮そのようなものに過ぎず、その人の知能とは全く関係ない、未来の文明世界から見ればまったく愚かな基準だということになります。

恐らく、自分の偏差値に暗に苦しんでいる人が実に多いと思いますが、それは誠に低次元での話であってあなたの未来は、前途は洋々と広がっているのです。

しかし、ここで重要なことは、「自分の本当の姿」を知ることです。
何処が美しくて何処が醜いか?何処が素晴らしくて何処が劣っているのか?何処に可能性があり、未来があるのか?をしっかりと捕まえねばなりません。

学校で学ぶことができなければまさに自分の手でつかみ取らねばなりません。そのためにはどうすればいいのでしょうか?それが「卑弥呼の鏡(三角縁神獣鏡)」論なのです。

この卑弥呼の鏡は私の「でんしゃ理論」に繋がっています。

また、機会があればお話ししましょう。


では次回をお楽しみに。

Copyright(C) Saikigakuen Co., Ltd.