英日翻訳コンテスト

The New York Times Jul. 19, 2013
見出し

President Offers a Personal Take on Race in U.S.

本文 After days of angry protests and mounting public pressure, President Obama summoned five of his closest advisers to the Oval Office on Thursday evening. It was time, he told them, for him to speak to the nation about the Trayvon Martin verdict, and he had a pretty good idea what he wanted to say.

For the next 15 minutes, according to a senior aide, Mr. Obama spoke without interruption, laying out his message of why the not-guilty ruling had caused such pain among African-Americans, particularly young black men accustomed to arousing the kind of suspicion that led to the shooting death of Mr. Martin in a gated Florida neighborhood.

On Friday, reading an unusually personal, handwritten statement, Mr. Obama summed up his views with a single line: “Trayvon Martin could have been me 35 years ago.”

総評

出題者から皆様へ

難しかったのでしょうね。どの答案も満足のいけるものがありませんでした。

その最大の原因は、英文の基本的な分析法を身につけていないという哀れな現実です。
学校教育の中で、あるいは受験英語の学習の中で古文や社会の学習と同じように、「単語・熟語・構文」の組み合わせが英文だと信じ切った結果が生み出した学習法(丸暗記)では、言うまでもなく「正しい分析」も「正しい訳出」もできるわけがありません。

私は英語の正しい学習法を身につけてもらうために、解説や質問コーナーで少しずつではあるのですが、英語の大法則に従って説明しています。是非ともそれを知ってい頂きたいですね。

最近では、私の翻訳理論である「でんしゃ理論シリーズ」をメルマガで公表しています。近々、読者のご要望もあるので、このシリーズを当「翻訳コンテスト」のサイトでも読めるようにしようと考えています。

私が求めているのは、「努力(頑張った)」ではなく「可能(できる)」という事実なのです。

皆さんの頑張りと結果を期待します。

以上。



Copyright(C) Saikigakuen Co., Ltd.