英日翻訳コンテスト

The New York Times Feb. 15, 2013
見出し

Size of Blast and Number of Injuries Are Seen as Rare for a Rock From Space

本文 The meteor that exploded over Russia on Friday set off the largest explosion of its kind in more than a century, at least according to Western scientists. And even more unusual for a meteor, it caused numerous injuries, mostly from flying glass, as the shock wave violently jolted the city of Chelyabinsk.

It hit on the same day that astronomers were watching another larger rock miss Earth by just 17,200 miles, and experts scrambled to understand the two rare cosmic events.

Some initially speculated that Earth was passing through a swarm of asteroids, but the Russian meteor came from the other direction. “There is no relation there,” said Paul Chodas, a scientist with NASA’s Near Earth Object Program. “It seems like we’re in a cosmic shooting gallery here. There were two very rare events happening on the same day. Pure coincidence.”

総評

出題者から皆様へ

最近、応募答案の添削に時間が随分掛かるようになりました。
その理由は、熱心であること、レベルが高くなっていること、それに応募者数が増えていることです。

勿論、それはそれでいいのですが、何の目的でこの「時事英語学習」に取り組んでいるのかな?と思ってしまいます。昔は格好をつけるためもあったのでしょうが、今では受験や仕事、そして研究や快適な生活など英語の用途が多様化し、そして日常化してきました。

このようになると、ファッションのように格好に構ってはいられません。グローバル基準によって「できるかできないか」に常に晒されることになります。未だに大学入試に向けた受験の世界では、不思議なことですが「二重基準」(偏差値とグローバル基準)が生きています。しかし、これもやがて「グローバル基準」に統一される、これが競争の原理なのでしょうね。

この問題は、昨今のニュースからお気づきのように、大学入試の受験資格として欧米のように近々「トーフル(toefl)試験」を取り入れるようです。これが本当であればというよりも本当だと思いますが、日本の英語教育の現場をひっくり返すほどの大問題(例の法科大学院問題よりももっと深刻)です。今後「翻訳コンテストのブログ」の中で、何がどのように問題となるのか、その対策は何かについて取り上げてみようと思います。

勿論、私の英語は一貫して「グローバル基準」で指導しています。ローカルなジャパニーズ・イングリッシュではありませんので安心して学習に励んで下さい。

以上。

Copyright(C) Saikigakuen Co., Ltd.