「実践から学ぶ英語翻訳法」購入お申込みページ

英文読解法の決定版!

紹介文

英文翻訳の理論書「でんしゃ理論ダウンロード版」

第1巻 目次
第1話

, and they are ~
等位接続詞とカンマ記号(被接続語の相互関係)

第1話をお試しでダウンロード頂けます。

第2話 As ~ indicates,
「文頭語」asについて(接続詞か前置詞か、接続詞の意味の決定)
第3話 What distinguishes ~ from
物主構文について(物主語と述語の関係、日本語の目的語とは?)
第4話 there can be no ~ to(prep.)
There is構文は4大構文の一つ(広い意味内容に伴う構造の特徴、倒置構文とは?)
第5話 It argues that ~
主節と従属節について(本動詞が構造の構築、従動詞が意味内容の伝達)
第6話 successfully
副詞による動詞への修飾について(修飾による意味の変容 ~ 副詞の動詞化・動詞の名詞化)
第7話 , as is the case for ~,
関係詞の独立用法について(関係詞と接続詞の類似点と相違点、挿入語句)
第8話 ~ is told as ~
前置詞のas語句は動詞tellの補語か?(as語句は文要素なのか?~構造と機能の問題)
第9話 contribute to ~
物主構文について(生物と物主語における動詞の性質上の相違点)
第10話 To examine how ~, one needs to ~
不定詞の「文頭語」について(不定詞から構造の推理 ~ 文要素か否か、副詞的用法ならその具体的内容は?)
第11話 ~ include: How do ~?
コロン記号とセミコロン記号(使用の「形式と目的」の両面から分析)
第12話 In addition to examining ~, S + V
文頭の前置詞について(nexusの法則と語順の変化)
第13話 under which ~
関係詞の用法(関係詞の直前にある前置詞、名詞の具体化)
第14話 ~a fusion of A with B
名詞fusionとその前置詞について(名詞fusionと前置詞of、withとの関係)
第15話 reconcile ~ into
動詞と前置詞の関係について(動詞による目的語や前置詞句への働き)
第16話 those found in ~
代名詞thoseの用法について(代名詞の基本法則と特殊な用法)
第17話 work together to try ~
動詞と不定詞の関係について(完全自動詞と不定詞の副詞的用法)
第18話 (be) held accountable to A for B
二重前置詞の用法について(完全自動詞と二重前置詞)
第19話 there are other ways that ~
there is 構文の用法について(他の倒置構文との比較、there is 構文の構造的特徴)
第20話 from A - from B, from C, and from D
ダッシュ記号について(ダッシュ記号の扱い方と記号論の本質)
第21話 as it functions ~
接続詞asの用法について(as節は目的格補語 ― 形容詞節になるのか?)
第22話 It is time for ~ to ~
仮主語か無(非)人称代名詞かについて(時のitと「意味上の主語」との結合)
第23話 how much ~ how ~
間接疑問詞と間接感嘆詞の用法について(間接とは? 「間接疑問詞」howの意味の特定)
第24話 expect + O + to be + C
不定詞の用法について(不定詞における本動詞と目的語、その他との関係)
第25話 note that ~; S + V
命令文の用法について(接続詞か前置詞か、接続詞の意味の決定)
第26話 five nouns: A, three Bs (b phrase), and C (c phrase)
コロン記号と丸括弧記号について(コロン記号と丸括弧記号の構造的・機能的相違点)
第27話 '~ be matched case studies for ~'
他動詞の変形と前置詞について(過去分詞の形容詞化と意味内容)
第28話 This is largely because ~
理由の訳出法について(補語による主語・be動詞との関係)
第29話 rather than ~ing
接続詞 → 前置詞について(接続詞、関係詞、前置詞、不定詞、分詞間の○○化問題)
第30話 be likely to ~
ある種の助動詞の用法について(文要素を中心とした構造論と助動詞、筆者の心的態度)
第31話 political system ~ aimed at
文中の過去分詞の用法について(文中での過去分詞の接続関係はnexusの問題である)
第32話 it is reasonable for ~
代名詞itの用法について(代名詞itが後方にto不定詞を取るかthat節を取るか)
第33話 enables ~, explicating ~ and creating ~
分詞構文の付帯状況の用法について(分詞表現の分析は「本動詞」中心に構造的・機能的に)
第34話 , including ~
現在分詞か、それとも前置詞かについて(文要素と付加的構造物の関係)
第35話 put ~ into practice in ~
前置詞複数個の接続関係について(確率の法則と前置詞の一次的・二次的決定基準)
第36話 seek to modify ~
ある種の助動詞の用法について(助動詞を機能的ではなく構造論的に捉える)
第37話 ~political practices consistent with ~
形容詞の修飾関係について(形容詞の前置用法と後置用法、抽象・具体の法則)
第38話 Both A and B through which they come about have ~
主語と述語について(英文構造の大法則であるnexusの法則と文頭語法)
第39話 empower ~ to
他動詞の用法について(5文型か3文型か、後者場合の動詞と不定詞の関係)
第40話 For ~ to be ~, S + V
文頭にfor ~ toについて(nexusの法則と意味上の主語、主文の文要素との関係)
第41話 ~battles over who is included~
間接疑問詞の用法について(overが前置詞か副詞か、whoが関係詞か間接疑問詞か)
第42話 as recorded in ~
関係詞か?接続詞か?について(文中ないしは文末にある譲歩のasの扱い方)
第43話 a goal of ~ was to ・・
不定詞の名詞的用法について(be動詞は、自然・社会現象を表現する中心的存在)
第44話 use the cases of ~ to ~
不定詞の副詞的用法について(動詞の要求による・よらない不定詞、動詞と不定詞の相関関係)
第45話 ~ between A such as B, C, and D with ~
前置詞の用法について(文要素と前置詞の働き、前置詞の一次的・二次的決定)
第46話 ~ choices of actors seeking to ~
意味上の主語について(意味上の主・述とnexusの法則、それらの形態の唐突性)
第47話 ~ the desire of rulers to stay in power ~
意味上の主語について(三者関係における意味上の主語)
第48話 ~ how relatively slight ~ can result in ~
間接疑問詞howの用法について(間接とは何か?howの 疑問詞と感嘆詞と関係詞の区別)
第49話 ~, which argued that ~
関係詞の継続的用法について(関係詞に内包する2つの要素、その1つは構造的性質)
第50話 a shift from ~ to ~
文頭語句の用法について(文頭語句と述語の関係 ~ S・V関係)
第2巻 目次
第51話 in addition to ~, S + V
前置詞の文頭語の用法について(類似の意味を持つ他の前置詞と構造的に区別する)
第52話 ~ have been found to support ~
不定詞の用法について(目的格補語の不定詞をどのように捉えるのか)
第53話 the one most commonly told about ~
形容詞の用法について(形容詞の先付け方式・後付け方式、抽象・具体の法則)
第54話 ~, which ultimately led to ~
関係詞の継続的用法について(関係詞の接続詞化、接続語の前提にある主従・等位関係)
第55話 characterize ~ as・・
前置詞asの用法について(as語句は形容詞語句か名詞語句か、それとも副詞語句か)
第56話 , experience having shown that ~
分詞構文の用法について(関係詞の継続的用法との類似性、従属節と等位節の構造)
第57話 ~ as well as ~
接続詞の前置詞化について(接続語相互間の○○化問題と訳出上の注意点)
第58話 It is not only lacking ~
itの用法について(仮主語か指示代名詞か、it ~thatとit ~toの相違点)
第59話 ~ and therefore are unlikely to be ~
接続詞と副詞の働きについて(「等位接続詞」andが2つの動詞を繋ぐ場合の意味)
第60話 It is precisely because ~
強調構文の用法について(「主語」itとbe動詞と補語の間の矛盾の類型化)
第61話 Frustrated by a discipline that ~
分詞構文の用法について(省略された接続詞を確率で決定、2つの動詞の相関関係)
第62話 ~, which is ~
関係詞の継続的用法と挿入語句について(挿入語句の「伏線」による見つけ方、挿入語句の種類)
第63話 ~, once further developed,~
挿入語句(節)の用法について(「挿入語句(節)」は第2の従属節、接続語に注意)
第64話 conceptualize ~ as ~
他動詞の用法について(文要素の決定における動詞、定型化とnexusの法則)
第65話 ~ gives it leverage for ~
物主語の用法について(物主構文における物主語と受動態の日本語訳)
第66話 the images that ~ of citizens
同格の前置詞の用法について(一次・二次決定の使用、特別法則は一般法則に優先する)
第67話 To reiterate, unlike ~, this approach integrates ~
不定詞の独立用法について(独立用法とは何か、独立用法の語句とnexusの法則)
第68話 ~is designed to meet ~
be動詞と助動詞の用法について(be動詞の用法が助動詞になる条件とnexusの法則)
第69話 ~may be modified to become ~
動詞と不定詞の用法について(不定詞を文要素と見るか否か、動詞の本質的性質)
第70話 ~ so that ~
「接続詞」so thatの用法について(「伏線」soの働き、「接続詞」thatは従属接続詞か?)
第71話 utilize ~ to help (re)create
動詞と不定詞の関係について(動詞との間の相関関係、1つの主語に2つの動詞)
第72話 ~ sets of guideposts for how to ~
前置詞の用法について(文要素になるのではなく、付加的構造物を構成する)
第73話 ~ of what that change should look like ~
前置詞の目的語とは?について(that節を目的語にできるか?)
第74話 One of ~ is that ~
be that構文の用法について(主語と自動詞・他動詞の関係、that節の働きとは?)
第75話 ~only become possible if ~
「副詞」onlyの用法について(副詞の位置関係で被修飾語を特定、構造論的捉え方)
第76話 Unlike ~, where ~, S + V ~
「副詞」onlyの用法について(副詞の位置関係で被修飾語を特定、構造論的捉え方)
第77話 ~tended to be involved in~
助動詞の用法について(本動詞と助動詞の峻別、動詞の役割と機能論)
第78話 ~need to V1, V2, and V3 civic organizations
本動詞の用法と助動詞の分類について(本動詞と構造論、助動詞の4分類)
第79話 It is one thing to ~. It is another to ~
不定代名詞の用法について(主語になったり、数を数えたり、分類したり)
第80話 ~ reveals how important s+ v
間接感嘆詞の用法について(that節を目的語に取る他動詞と主語の関係)
第81話 in their test of ~, S + V
意味上の主語の用法について(意味上の主語・述語の理論とnexus(主述関係)の法則)
第82話 focusing on ~ enables + O + to ~
物主構文の用法について(無生物主語・述語の理論と日本語の受動態の関係)
第83話 not only inhibits ~, but it also robs ~
慣用句の用法について(慣用語句と単語に内包された構造的性質の関係)
第84話 ~ traditions, including ~
分詞の用法について(動詞 → 形容詞(準動詞)→ 前置詞)
第85話 ~as S(物)+ enable + O ~
文中の「接続詞」asの用法について(接続詞か関係詞か、従属接続詞の基本形と等位接続詞)
第86話 in what is referred to as ~
「関係詞」whatの用法について(関係詞による表現と不定代名詞による表現の違い)
第87話 For Maruyama, whose ~,
挿入語句か、「関係詞」の限定的用法かについて(関係詞を用いた挿入語句(節)か、関係詞の一般用法か)
第88話 Radiating out from ~, are groups of beings
倒置構文の用法について(倒置構文と4大構文、倒置構文とnexusの法則)
第89話 states being governed, S + V
分詞構文の用法について(分詞構文の特徴とnexusの法則、なぜ分詞構文なのか?)
第90話 as an end unto itself, not just as a means
, not just ~の用法について(not just~, but also~の変化形、「挿入語句」の効果)
第91話 , with profound implications for ~(前置詞の用法)
前置詞の用法について(動詞との「接続なのか、融合なのか」、forの目的格用法)
第92話 The project is to develop ~
不定詞の用法について(名詞的用法か形容詞的用法か、be toとの関係)
第93話 manifestation of one’s understanding ~
前置詞ofの用法について(「前置詞」ofによる2つの名詞の接続とnexusの法則)
第94話 ~should not be taken to ~
一般学説の目的格補語について(目的語の背後にある不定詞の処理法と動詞の構造的性質)
第95話 ~are supposed to ~
不定詞か、本動詞かについて(助動詞と本動詞の判断基準)
第96話 strive, ~ , to act
挿入語句と助動詞について(挿入語句は助動詞を修飾するか?一般動詞による助動詞)
第97話 ~lead to a characterization of~as~
物主語と動詞、「名詞」characterizationについて(物主語では自動詞か他動詞か?物主構文とthat節の関係)
第98話 ~is not only compatible ~, it often promotes
接続詞butは?(接続詞の省略とその理由、定型を崩す書き方とその意図)
第99話 the conflict can be described as between ~
語法の誤りか?(許される構造の変形と許されざる構造の変形)
第100話 ~ – they may act as ~
ダッシュ記号の用法(ダッシュ、バーレン、セミコロン、コロンなどの記号論)
第3巻 目次
第101話 connections both among A and between B and C
伏線用語について(複数の複線用語と優先・劣後、名詞の構造的性質)
第102話 ~ as well as ~
前置詞なのか?(前置詞か接続詞か、比較や接続における訳出上の注意点)
第103話 could ~ if ~ had
仮定法の用法について(仮定法と直説法、仮定法の帰結節と助動詞の心的態度)
第104話 S(物主語)make it clear that ~
物主構文の主述の働きについて(物主構文とbe動詞・一般動詞、物主構文とthat-clause)
第105話 there has been S placed on ~
there is 構文の用法について(there is 構文と受身形・進行形、be動詞の強調用法)
第106話 While not consistent ~
分詞構文の用法について(譲歩の接続詞は省略されにくい、文頭にある分詞構文)
第107話 S + Vt + O, reflecting ~
分詞構文の用法について(文中にある分詞構文の特徴、2つの動詞の相関関係)
第108話 ~ recognition that S + V
同格の接続詞の用法について(同格の接続詞と関係詞の違い、同格節と関係詞節の違い)
第109話 Most significant is S(主語)~
主語と補語の関係について(be動詞の働きと倒置構文、名詞補語と形容詞補語)
第110話 draw on ~ to craft ~
不定詞の副詞的用法について(2つの動詞の接続と相関関係、伏線用語と動詞の働き)
第111話 ~, with + O + becoming reconciled
withの付帯状況の用法について(構造と機能の問題、2つの動詞、語句、節の相関関係)
第112話 ~requiring that all people be treated
主節と従属節の関係について(that節とas節の比較、従属節の違いと主節の支配力)
第113話 ~, which examine ~
関係詞節の挿入語句(節)の用法について(継続的用法との構造的相違点、関係詞の譲歩的性質)
第114話 Rather than ~, S + V
接続詞の前置詞化について(「〇〇化現象」は限定的な構造と機能から生じる)
第115話 influence of A on B
意味上の主語について(of A とA’sとの関係、Bが動詞化されない場合)
第116話 To reiterate ~, S + V
不定詞の副詞的用法について(独立か譲歩か、独立と構造論、心的態度との接点)
第117話 ~ about how S + V
間接疑問詞と前置詞の関係について(前置詞の構造論と機能論、前置詞とhow節との関係)
第118話 less ~ and more ~
対語表現について(左右を「対等+比較」関係にしたときの訳出法)
第119話 both moments ~ as well as moments ~
一見、不要な用語について(both~and → both~as well asのニュアンスの相違)
第120話 ~A, not B ≠ not B but A
notの用法について(語法の変化形を構造論・機能論から捉える)
第121話 ~about what kind of form S + V
間接疑問詞の用法について(間接疑問詞の構造と「従属接続詞」thatの2つの機能)
第122話 to draw on ~, S + V
不定詞の副詞的用法について(不定詞の独立用法とは何か?文頭語法と条件・場合表現)
第123話 A (名詞), with + B + rising ~
withの所持・所有の用法について(「所持・所有」の用法と「付加・結合」の用法)
第124話 A (名詞) bounded by ~
過去分詞の前置詞化について(動詞を名詞に繋ぐ方法、関係詞と分詞、分詞の前置詞化)
第125話 A (名詞), such that S + V
~, such thatの用法について(「代名詞」suchによる二重の同格関係)
第126話 S + include + O
「他動詞」includeの用法について(「他動詞」includeは、目的語と主語を繋いでいる)
第127話 different ~ than B
接続語のthanの用法について(「比較基準」の役割、thanの多様な性質と意味、伏線用語)
第128話 Certainly, S1 + V1. However, S2 +V2
逆接の接続詞の連結表現について(逆接関係にある事実を前節(文)で知らせる方法)
第129話 ~ use + O + to + V1(原形), V2ing ~
V2の接続動詞はどれか?について(文中での分詞構文の接続詞省略、V1 and V2の相関関係)
第130話 have + O + V
作為他動詞の用法について(作為動詞・知覚動詞・その他の不完全他動詞の3分類)
第131話 S1 + V1 because S2 + V2.
節(s + v)をめぐる日本語の表現について(従属・等位接続詞、複文・重文・単文、that とbecause)
第132話 A (名詞) currently available
形容詞語句の後置用法について(限定的・叙述的用法と前置・後置用法の関係)
第133話 (be) coded as + Ving
as語句と目的格補語について(「完全」他動詞:作為動詞と不作為動詞とその他の他動詞)
第134話 S1 + V1, so S2 + V2
結果の接続詞の用法について(原因・結果を表す等位関係と主・従関係)
第135話 It was assumed that ~
it ~that構文の受動態について(that節(s + v)が他動詞の目的語であるとき・ないとき)
第136話 This required that S + V(原形)
要求・提案動詞の用法について(物主構文の主節の役割、他動詞の目的語の形態と役割)
第137話 It takes ~ for there to be + C
there is構文の変形について(不定主語とto + V原形・that節、there is 構文の変形)
第138話 the extent to which S + V
関係代名詞から間接疑問詞への変化について(関係詞か間接疑問詞における節(s + v)を繋ぐ場合の違い)
第139話 Vt1 which one of these S + Vt2
間接疑問詞の用法について(関係詞と間接疑問詞の違いと特徴)
第140話 people having ~ V
意味上の主語について(「前置詞」ofや「他動詞」のない名詞と動名詞の関係)
第141話 would have had ~
助動詞の過去形と完了形の用法について(助動詞の働きと過去形の意味、助動詞の背後の完了形)
第142話 Interestingly, S + V
文修飾副詞の用法について(文修飾副詞と心的態度、「自己(己)対他者」の英文構造)
第143話 it is not A(名詞)but B(名詞)that V
it ~ thatの強調用法について(it節とthat節(for~to語句)の役割と文頭語法)
第144話 Of those that S + V
「前置詞」ofの文頭語について(文頭語の「of + 複数名詞」と構造論・機能論)
第145話 as people change ~
「接続詞」asの用法について(従属接続詞の構造と機能、機能と意味の特定)
第146話 What is ~ is C ~
主語と補語の関係について(主語と目的語と補語の3つの軸、動詞は繋ぎの記号)
第147話 ~, which posits that ~
関係代名詞と従属接続詞の働きについて(従属接続語の関係詞が、カンマ記号で等位接続語に変化)
第148話 Of interest ~ is the change ~
主語と補語の関係について(文頭の形容詞補語(倒置)と文修飾副詞・it~thatの関係)
第149話 ~ evidence that S + V
同格の「接続詞」thatの用法について(一般用法と同格用法の構造論と機能論の違い)
第150話 ~ governing ~
形容詞と現在分詞の用法について(名詞に対する「後置用法」としての準動詞と関係詞)
第4巻 目次
第151話 ~, to name just a few of ~
不定詞の副詞的用法について(独立用法とは何か、主文に従たる節(s + v)の形成と働き)
第152話 ~ is to give ~
be + to不定詞の用法について(物主語と生物主語が及ぼすto不定詞との関係)
第153話 ~ understanding of which S + V
関係詞か?間接疑問詞か?について(「接続語」whichの判定ではなく、「文要素」による判定)
第154話 ~for one might mean ~ of another
不定代名詞の用法について(「不定代名詞」one ~ anotherの根本的に意味するもの)
第155話 ~the lesson that I hope emerges from ~
挿入語句の用法について(挿入語句とバーレン記号、典型的な筆者の「心的態度」)
第156話 a letter from A to B + requesting ~
前置詞と分詞による後置用法について(複数の語句・節の後置用法における相互関係)
第157話 the five-article Charter Oath, which V, including ~
関係詞の限定的用法か継続的用法かについて(カンマ記号と関係詞、限定的用法か挿入語句か?)
第158話 ~were (be) charged with ~
自動詞と他動詞の用法について(受動態と「主体・客体論」、自動詞と他動詞の峻別)
第159話 ~ disagreements existed among ~
完全自動詞と副詞語句の用法について(主体の実態表現、実態表現の多様化と副詞語句)
第160話 ~rebellions , with the two largest being the Boshin War
withの付加・包含の用法について(「所持・所有」と「付加・結合」の峻別、その他の用法)
第161話 ~local clubs where members studied~
関係副詞の用法について(「カンマ記号」の関係詞への影響と従属接続詞との比較)
第162話 Reacting to public and elite pressure ~, S + V
分詞構文の付帯状況について(文頭にある「付帯状況」と本動詞の関係、andかasか?)
第163話 ~are referred to as~
他動詞の用法と構造的性質について(自動詞から他動詞へ、構造的性質の働き)
第164話 ~achieved its goal to be recognized as~
本動詞の用法について(「要求された」不定詞は本動詞から独立した存在)
第165話 Soon after his ascension to the throne, S + V
副詞の用法について一般用法と特殊用法、修飾関係と構造論)
第166話 ~either through their defeat in war or~
either ~orの用法について(「接続詞」andとorの違い、「伏線用語」eitherの働き)
第167話 to~, the Peace Preservation Law,~was enacted
構造分析の視点について(基本文型と文頭語法、文頭語が不定詞の場合の表現法)
第168話 ~the Showa era with the new Emperor Hirohito on the throne~
「前置詞」withの付加・結合と付帯状況について(「前置詞」withの用法の決定、被接続語が名詞or動詞)
第169話 With its extensive international expansion, S + V
「前置詞」withの同時・並行について(文頭の確率論を一次決定によって修正)
第170話 Following ~ coup attempts, S + V
分詞構文か前置詞かについて(文頭にある動詞のing形、分詞の接続詞化と前置詞化)
第171話 Far more decisively and dramatically~, S + V
文頭の副詞語句の扱いについて(強調のための単なる副詞か、文修飾副詞との区別は?)
第172話 Just as had been the case with ~,S + V
従属接続語asの用法について(文頭にあり、しかも直前の副詞’just’に修飾された場合)
第173話 in cultivating ~ ally to contain + 目的語
不定詞の用法について(「副詞的用法」なのか、「形容詞的用法」なのか、その決定基準は何か?)
第174話 Starting with ~ and followed by~, S + V
文頭語法について(変則的な文頭の語法)
第175話 ~ form a committee to draft ~
動詞とto不定詞の用法について(不定詞の副詞的用法と形容詞的用法の区別の基準は?)
第176話 ~ a bicameral legislature with an upper house and a lower house
withの用法について(withの多様な用法)
第177話 ~allow Japan the ability to~
間接目的語と直接目的語の用法について(目的語を1つとして捉える・・第4文型⇒第3文型)
第178話 As will be discussed ~
asの特殊な用法について(品詞とみるか語法とみるか)
第179話 ~, such that~
ややこしい接続の用法について(such thatをどのように捉えるか)
第180話 ~, by which was meant~
~, 関係詞と倒置の結合の用法について(この倒置は先行詞の強調の流れが原因)
第181話 ~of the Cabinet introducing~
動名詞と意味上の主語の用法 について(所有格と目的格の意味上の主語・・意味上の主語の形)
第182話 ~of the Cabinet introducing~
動名詞と意味上の主語の用法 について(所有格と目的格の意味上の主語・・意味上の主語の形)
第182話 ~bureaucrats, who left~ and joined~
関係詞の継続的用法について(主節の動詞と従属節の動詞の関係)
第183話 ~were seen as~
能動態と受動態、他動詞と自動詞の用法について(他動詞は自動詞の変化形なのか?男が女の変化形であるように)
第184話 Whether or not S + V1 V2 ~
従属接続詞の「名詞化」の用法について(従属接続詞の副詞節の働きと名詞節の働き)
第185話 it~ the possibility that S+V
it~thatと同格の接続詞thatの用法について(it~that構文ではないことを見破る視点)
第186話 A, A’+V~
同格の主語と動詞との関係の用法について(Aが単数でA’が複数の場合の一致の法則は如何に?)
第187話 A indicted as (for)+B
目的格補語と前置詞語句について(前置詞語句や形容詞語句は目的格補語になりうるか?)
第188話 Although S1 were concerned ~, S2 let ~, and S3 continue to ~
時制の一致の法則について(この法則の適用範囲は如何に?)
第189話 ~a moral example of leadership , utilized B~
完全他動詞の用法について(あたかも不完全他動詞のように使用しているわけは?)
第190話 ~more than A(n.), the method that B(n.) was passed+V~
more thanの用法と先行詞と関係詞節について(more thanは2語なのか1語なのか、先行詞は関係詞節の一部なのか?)
第191話 The timing ensured that S+V
物主構文とthat節の用法について(that節を目的語又は補語に取る場合の物主構文とは?)
第192話 ~ young people were outraged that S+V
接続詞thatの用法について(接続詞thatの働きー名詞節化の他に副詞節化か?)
第193話 ~increase his party’s public appeal~
所有格の用法について(所有格の多様な意味上の問題)
第194話 ~ increased citizen demand to+V原形
形容詞の限定的用法と叙述的用法について(構造は異なっても機能は同じ?)
第195話 A estasblished B~, dedicating~
分詞構文の接続詞の省略の用法 について(2つの動詞の間にどのような関係があるか?)
第196話 S+V, buoyed by~と、S, coupled with ~, V+Oと、Combined with ~, S+V.
分詞構文の付帯状況と前置詞の用法について(接続詞省略ではなく付帯状況の場合に、分詞が前置詞化するか?)
第197話 ~ institutions are put in place that V+O ~
先行詞の用法について(先行詞の構造上の位置関係)
第198話 ~, all leading to~
分詞構文の接続詞の省略の用法について(文中にある分詞形の見分け方)
第199話 ~include the reduction of A and B
等位接続詞andの用法について(AとBの決定基準)
第200話 S+V, with politicians debating one another
前置詞withの用法について(付帯状況の見分け方)
第5巻 目次
第201話 ~ is to give ~(動詞と不定詞の用法)
動詞と不定詞の用法について(自動詞か他動詞か、又は不定詞のtoを伴った助動詞か?
第202話 Along with A, B+V
文要素と付加的構造物の働きの用法について(文要素はハード問題で、付加的構造物はソフト問題か?)
第203話 as expected, S+V
asの接続語の働きと慣用句の用法について(as直後の動詞形態を見てasの働きを決定)
第204話 consistent with my model of~, S+V
分詞構文と自説の用法について(文頭の分詞構文で自説は筆者の主観的態度に類似)
第205話 S1+V1, so S2+V2
副詞か接続詞かの用法について(接続副詞なのか接続詞なのか、理由なのか結果なのか)
第206話 ①preference of+A toward+B、②Of+As, S+V
前置詞ofの用法について(ofの意味の前提として、通用用法以外の用法があるのか)
第207話 ①S be exactly as s+vと S needed to-inf since s+v
②S promised to revisit ~, implying that s+v

①be as s+vとsinceの用法について
②分詞構文の接続詞省略の用法について (as節の働きとsinceの使い方、imply対抗の動詞は何か?)
第208話 ①While~, S~, when ~, has not only~, but it also demonstrated how~
②S(物)involved~to clear~

①nexusの法則の用法について
②物主語と意味上の主語の用法について (主節の見つけ方、物主語と意味上の主語とは?)
第209話 ①use+A to-inf+B to-inf
②be forced to+V
S+V+C to-inf

①不定詞と本動詞の用法
②受身形と助動詞の用法
to-infの形容詞的用法と副詞的用法の優先順位
第210話 ①adjust institutions to-inf ~
②Starting~and continuing~, S+V

①不定詞の直前の相手方は誰?
②文頭のVingの処理法
第211話 ①S+V+C (n) prep+O1 - prep+O2
②Starting prep+O1 and then increasingly prep+O2, S+V

①mダッシュ記号の使い方
②接続語and thenの使い方
第212話 ①In the late 1980s and early 1990s
②it was revealed that S+V
③A, once considered B
④~become capable and willing to take on~

①andの用法
②it~thatの用法
③過去分詞の用法
④形容詞と不定詞
第213話 ①A (n) intended to+V原形
②the rise of+A(人) to+B (n)
③V1ed~that V2ed~and has since been V3ed~

①動詞intendの使い方
②前置詞ofの使い方
③時制の一致
第214話 ①~while granting+O1+O2
②Termed+C, S+V
③~areas that V1, such as+V2ing+O,~
④~A, B and C, and other D~
⑤~resist reducing~

①文中での分詞構文 ②文頭での分詞構文
③such asの扱い方
④andとotherの使い方
⑤動名詞の目的語
第215話 ①it does not make sense to-V原形~
②S+ could be because~
③~ run for political office
④A and the accompanying B +Vs~
⑤Not coincidentally, S+V

①it~toの構文
②be+because s+vとは?
③自動詞か他動詞か?
④andの用法 ⑤文頭にある副詞の扱い方
第216話 ①~ become difficult since the nuclear disaster
②Leading+A was Shiro Asano
③allow public access~ to make+B+transparent
④advocate for information disclosure

①前置詞sinceと動詞の変化
②be動詞とnexusの法則
③allow~toの使用法
④他動詞+forとは何か?
第217話 ①A such as issuing local taxes
②the structure and practices that V+O
③Vt and be Vted prep+O in the way that S+V

①such asの使用法
②thatの先行詞は?
③in the way thatの働きは?
第218話 ①S is not just+C. It also helps to-inf
②S+V+power sharing with~, not a reduction
③S(物)+ remain+C, enabling+O(人)to-inf
④there has been+S prep+o

①not just ~ but alsoの用法
②not~butの変形
③物主構文と文中の分詞構文
④there is 構文の主述関係、主語と付加的構造物
第219話 ①Japan became~, and NGOs have become involved in~
②public outcry over the blocking of NGOs from participation in~led to~

①andと時制)
②物主構文の変形と2つの前置詞
第220話 ①As S1 increases~ and~ become accustomed to
②S1 utilized A to talk about~
③~talk about the nation of Japan as a privileged family within a global village
that had a duty to help its community.

①接続詞asの意味と従属節の動詞
②to-infは目的か結果か?
③後置用法と前置用法
第221話 ①S gather and are granted an audience ~
②S+V, with a usage rate exceeding 90 percent
③~for people between ten and fifty years old
④~the ability of~groups to-inf1 and inf2~

①andの使用法
②付帯結果のwith
③接続関係は如何に?
④前置詞ofと不定詞の並立
第222話 ①S1+V1, where, just as has been~, S2+V2
②to help elderly stay at home rather than entering~

①, where,~, S+Vとasの使用法
②rather thanの機能
第223話 ①S is to create networks within civil society groups involved in~
②The director of~, who used to be~, V+O
③S+V+O1, not just O2
④She created a city-wide network~from the government, doctors,
care managers, and community groups to+V原形

①後置用法の切断箇所
②挿入語句の処理法
③not~butの変形の目的
④不定詞の被修飾語は?
第224話 ①S+V (be) decentralizing and involving+O~
②Beginning with+O1 and culminating with+O2, S+V
③S+V (be) justified using~

①andと自動詞・他動詞
②この分詞は何者か?
③この分詞は何者か?
第225話 ①S, coupled with+O, +V ~
②S(物)allows for+O and enables+O to+V原形
③S(生物)worry that S+V

①挿入語句の処理法
②物主語と2つの動詞
③that節をとっても自動詞とは?
第226話 ①S (物) + just outlined – A, B, and C – V+O
②S+V (be) being+given access to ~

①過去分詞と挿入語句
②受身進行形
第227話 ①A and B and C to problems facing the aging
②A favoring B and C favoring D

①andの用法と他動詞faceの曲者
②分詞形容詞としての現在分詞
第228話 ①~ demand that S+provide~
②~V in the hopes of ~
③Following a precedent~, S+V
④~ estimated that S+ has spent ~
⑤~ what was claimed to be ~

①動詞demandの使用法
②分詞構文の付帯状況と前置詞の関係
③分詞構文の付帯状況と前置詞の関係
④時制の一致
⑤動詞claimの使用法
第229話 ①S+ can be used to+V原形
②~ should not be seen as~, which would be~

①不定詞の目的と結果
②関係詞の継続的用法
第230話 ①S+inspired+O to create ~
②ア)sues+A for+B イ)ruled in favor of+A for+B
③required+O(人) to use+A(手段) to-inf
④appears most likely to be used in ~

①不定詞の目的が結果・行為に
②ア)原因・理由・根拠 イ)原因・理由・根拠
③2つの不定詞の処理法
④動詞と助動詞の区別
第231話 ①Supported by ~, S+V
②S+have more autonomy to+Vt1+O that Vt2+O and Vt3+O to+Vt4+O

①文頭語法
②動詞と不定詞の接続関係
第232話 ①As discussed more~, S+V
②~ in ways that have preserved
③~a political process compatible with~
④In nearly all of the examples~, from A to B, S+V

①asの表現法
②thatは関係代名詞なのか?
③形容詞の修飾関係
④前置詞語句の挿入語句
第233話 ①political efficacy came S+V
②~took the issue on as their own
③S+had adopted+O and championed+O by+O
④S+V+O as idealized by ~
⑤S+V~ of trained blood products, which led to+O

①この接続関係は?
②分離動詞とは?
③by語句は何にかかるか?
④このasの用法は?
⑤関係詞の継続的用法
第234話 ① reshaping+O from an inherited, elitist role to a person~
②~a person who advocates on behalf of~
③consistent with~ is the copious use of+A as+B
④, such as+A and B in+C or D by+E to+F
⑤S+V only when called on by~
⑥it~ to describe+O that S+V as+A

①カンマ記号は何か?
②他動詞の自動詞化?
③be動詞の機能と前置詞of・as
④接続詞と前置詞の処理法
⑤主語の省略の理由は?
⑥前置詞asと本動詞の関係
第235話 ① S+ infuse+O
② S1+ described here, where S2+V2 ~, V1
③ A (n) reaching from+B (n), through+C (n), to+D (n)
④ It used to be that S+V
⑤ S+V when necessary

① 他動詞infuseの使用法
② 挿入語句where節
③ 前置詞句
④ 助動詞とは何か?
⑤ S+V (be)の省略形
第236話 ①A and B of+C from+D until+E
②S+V (vt) the ways in which S+V

①前置詞語句の接続関係
②この構造に矛盾はないか?
第237話 ① A, including B, that V+C
② S1+ do assert that S2+V2
③ V sufficiently to be+C

① 前置詞と関係詞の優劣関係
② 動詞の強調
③ 不定詞の副詞的用法
第238話 ① act as+A, and serve as+B
② an important, arguabley the most important, A (n)
③ S1+V1, which often but not always V2
④ from+A, to+B, and to+C

① as語句を直後に取る自動詞
② これは挿入語句か?
③ 関係詞の継続的用法・・・内包する等位接続詞は何か?
④ from ~ toの変化形
第239話 ① S1+V2 in+O such that S2+V2
② S1+V1, which is why S2+V2
③ ~ advocating with+O1 to improve+O2
④ A (n) related to+O1, and other B (n) related to+O2

① such thatの用法
② 関係詞の継続的用法に内包する等位接続詞
③ 他動詞と自動詞の区別
④ 分詞なのか前置詞なのか?
第240話 ①S1+V1 in that S2+V2
②S1+V1+C (n) based on+O
③S1+ relied on+O
④A (n) aimed at+O
⑤V (be) far from+C

①前置詞in の働きは何か?
②単なる過去分詞か前置詞か?
③自動詞の他動詞化
④他動詞の過去分詞と自動詞の他動詞化
⑤前置詞か副詞句か?
第241話 ① S+V as more ~ moved to ~, making+O+ less popular.
② S+V ~ , which covered+O
③ in various campaigns ~ including+O1 and O2

① 従属接続詞asの扱い方と分詞構文の接続詞の省略
② ~, whichの先行詞は何か?
③ includingは前置詞か?such asとの違いは?
第242話 ① to the extent that S1+V1, S2+V2
② through ~ efforts to address ~
③ ・(be) transformed into+O ・changed+O from+A to+B

① 前置詞の接続詞化
② 名詞の接続語に対する機能
③ ・動詞の意味の特定 ・動詞の意味の特定
第243話 ① the+adj1 rather than the+adj2+N(名詞)
② provide+A to+B
③ affected both the ways ~ and also on the way ~

① rather thanの性質は何?
② 動詞provideの機能は何か?
③ 動詞の機能と接続詞の機能
第244話 ①Consistent with a ~ view of+O1 as+O2, S+V
②S+ reconfigured but did not sever+O
③provide ~ support for+O
④compete forO1 with+O2

①分詞構文なのか前置詞なのか?
②他動詞の自動詞化
前置詞forの被修飾語は何か?
④動詞の機能、自動詞の他動詞化
第245話 ①S – men ~ and their housewives –+V
②become more inclusive of+O, and ~ include+O
③Conj S1+V1+O – S2+V2+C– S3+V3

①m・nダッシュの用法
②inclusiveとincludeの扱い方
③m・nダッシュの用法
第246話 ① S1 (物主語)+ suggested that S2+V2
②Of+Oes (複数), only one+V+C
③S+ was of+O (普通名詞)
④as+O1, O2, O3, and in+O

①物主語の扱い方
②文頭の前置詞ofの処理法
③この前置詞ofは何か?
④この接続詞andの用法は何か?
第247話 ①As S+ phrased it, S+V / As discussed in Chapter 3, S+V
②S (物)+ requires that S+V
③solution to+O
④In the words of+O, S+V

①接続語asの用法
②物主語とthat節の関係
③名詞の機能
④前置詞句とは何か?
第248話 ①in response to+O、S+V
②the relationship between+A and B
③the system was one where S+V (vi)
④grew up thinking that S+V

①前置詞句とは何か?
②前置詞betweenと接続詞andの関係
③先行詞が物で関係副詞whereとは何か?
④付帯状況と現在分詞は異なる理由
第249話 ①In contrast to+O
②(be) successful in+O
③(be) open to+O
④V+O1 to advocate for+O2

①前置詞句
②形容詞の機能
③形容詞の機能
④他動詞の自動詞化
第250話 ①(be) illustrated with+O
②As has been typical, S+V
③S+went on to-inf
④from+O1, to+O2, to+O3
⑤the willingness of+O to-inf

①動詞の機能と前置詞
②asの処理法
③自動詞と不定詞の関係
④from ~ toの変形
⑤名詞と不定詞、そしてofと不定詞の関係
第6巻 目次
第251話 ①almost three times as large
②spoke of (about)+O
③(be) involV-ed in+O
④about how the very day after S1+V1 S2+V2
⑤a way to-inf
⑥a systematic study ~ from which to+V1 about which of+Oes +V2
⑦typical of+O
⑧Chifuren estimates that S+V
⑨from+O1 from when S+V to+O2 today
⑩less~than
①省略法
②動詞の機能
③動詞の機能
④関係副詞と間接疑問詞との関係
⑤名詞の機能
⑥関係詞と不定詞、前置詞と間接疑問詞
⑦形容詞の機能
⑧他動詞とthat節
⑨from~toの変形
⑩相関語句
第252話 ①connections between ~
②power to choose from among ~
③A (n) adjusting to+O
④compromise among ~

①名詞の機能
②名詞の機能、動詞の機能と二重前置詞
③自動詞の機能、現在分詞の接続
④名詞の機能
第253話 ①to the (amused) chagrin of+O (人), S+V
②one chief that S1+V1 who V2
③it used to be that S+V
④in terms of+O
⑤S+ could be football ~

①結果の反応の前置詞
②関係詞の二重限定
③助動詞とit~that
④前置詞句
⑤助動詞の婉曲用法
第254話 ①(be)+secondary to+O
②of+Oes, three ~ and two ~
③in conjunction with+O
④(be) entitled to+O

①形容詞の機能
②前置詞ofの用法
③前置詞句
④動詞entitleの機能
第255話 ①from across+O
②A other than+B
③for different reasons than+B
④S1+join because S2+V2
⑤S1+means that S2+V2
⑥S+V, depending on+O

①二重前置詞
②相関語句
③相関語句
④自動詞とbecause節の関係
⑤他動詞とbecause節の関係
⑥depending onは何者か?
第256話 ①~ a program where S+V+O
②A (n) for+O(人) to-inf
③pleased with+O
④~ their accomplishments and the new image that S+V

①関係副詞where (that)の扱い方
②直前の名詞とfor~to構文
③動詞pleaseの構造と機能
④接続詞andと関係詞の先行詞との関係
第257話 ①as with+O, S+V / similar to+O, S+V
②compromise between+A(adj) and B(adj)+Oes
③duty to-inf / ways to-inf
④S+V, including+O
⑤S+V, helping with+O

①どんな接続語か?
②名詞の機能
③名詞の機能
④このincludingの働きは何か?
⑤動詞helpの分析は?
第258話 ①in addition to+O, S+V / rather than the city identifying a problem ~, S+V
②located+O to-inf
③three or four years prior to when S+V
④initiatives that S+V, from+O1 to+O2

①前置詞句なのか?
②動詞の新たな機能
③前置詞の目的語の形
④先行詞に接続する関係詞と前置詞の関係
第259話 ①forging with+O
②shifts in power between both A and B and within+C
③(be) perceiV-ed to have been unable ~

①自動詞の他動詞化
②前置詞と接続詞の関係
③他動詞perceiveの意味と機能
第260話 ①the shift in power from+O1 to+O2
②take on+O
③a general trend toward+O
④S1+V1, preferring that S2+V2
⑤characterize+O1 as+O2 (pp)

①名詞の機能
②他動詞+副詞
③名詞の機能
④分詞構文の付帯状況か接続詞の省略か
⑤asをどのように捉えるか
第261話 ①expressed how increased+S+V
②not only for+O or because S+V
③S(物)+lend+O1 to+O2
④for how to-inf

①動詞expressの目的語、howの使用法
②not only ~ or、for+O1 or because S+V
③lend ~ toの用法
④前置詞forの目的語
第262話 ①made sure that S+V
②want+O(物) to-inf

①他動詞の新たな他動詞への転換
②wantの機能は不完全他動詞か?目的語が物の場
合の処理
第263話 ①there are+S killing+O
②to the extent that S1+V1, such as V2ing ~, S2+V2
③(be) conscious that S+V

①there is構文の形態
②such asの用法
③他動詞とは何か?
第264話 ①(be) likely to have been concentrated in ~
②(be) forced to laugh at ~
③~ of my question when S+V
④S1+V1 as if to say, ~
⑤held up+O to count off ~

①助動詞とは何か、助動詞と完了形
②これが助動詞か?
③従属接続詞の機能とは何か?
④as if to-infとは?
⑤この不定詞は目的か結果か?
第265話 ①expect+O(人) to have+pp held
②at least one, and likely more than one, A(n)
③not (A) until B

①動詞expectと不定詞
②挿入語句か、ただの接続詞か?
③not~until構文
第266話 ①~ keep thinking that S+V
②interestingly, S+V
③this sentiment that S+V
④ ~ was taken for granted by ~
⑤as examples of how S1+V1, S2+V2

①動詞keepの用法
②文全体修飾副詞とは?
③thisと同格のthat
④動詞takeの用法
⑤前置詞ofの用法
第267話 ①from+O, S+V
②that is how S+V
③(be) surprised to find that S+V
④this is a practice that V+C
⑤work to-inf

①文頭の前置詞from
②指示代名詞と関係副詞
③感情・信念を表す動詞と表現法
④指示代名詞と関係詞の主格用法
⑤自動詞と不定詞の働き
第268話 ①S1+V1 ~ A(n) even as S2+V2
②examines how S+V
③rather than+ A(n), S+V
④integrated, evolved, and multiplied over time to contribute to ~

①asはAに繋ぐのか、V1に繋ぐのか?
②間接疑問副詞か関係副詞か?動詞examineの目的語は?
③rather thanは接続詞か、前置詞か?
④この不定詞の用法は?
第269話 ①from+O with a surge in A ~ into B, S+V
②advocated for+O to-inf
③advocated for+O
④movements ~ for+O not to-inf
⑤differently than A
⑥as distinct from+O

①前置詞fromの扱い方
②他動詞advocateの扱い方
③他動詞advocateの扱い方
④for~toの接続関係
⑤接続語than
⑥前置詞化のプロセス
第270話 ①S(物) allowed+O(生) to-inf
②? that S+V
③not merely A(adj) but rather B(v)
④(be) intended to-inf

①物主構文
②ダッシュ記号の扱い方
③not~butの相関語句
④他動詞intendの機能
第271話 ①define+O1 as+O2
②S1+V1, as V2+S2
③claim that S+V
④(be) founded on+O

①動詞defineの用法
②従属接続詞asの用法(倒置形態の省略形)
③動詞claimの用法
④動詞foundの用法
第272話 ①it is not necessarily the case that S+V / it is often the case that S+V
②allow for+O
③the allowing of+O to-inf
④benefit ~, undermining+O

①it~that構文
②他動詞+adv
③動詞allowの用法
④分詞構文の接続詞の省略
第273話 ①argue for+O
②A for+O1 to-inf, for+O2 to-inf
③agree to+O
④please note that S+V
⑤S1(物) require that S2+must V2
⑥it is much more likely that S+V

①自動詞argueの他動詞化
②for~toの用法
③agreeの用法
④命令文とthat節
⑤動詞requireの用法
⑥形容詞likelyの用法
第274話 ①whereas S1+V1, S2+V2
②? no matter A, B, or C ?
③S+V, in cooporation with+O
④argue that S be entitled to+O
⑤A(n) that are more ~ rather than A(n) that ~

①whereasの用法
②no matterの用法
③前置詞inと付帯状況の関係
④動詞argueの用法
⑤more ~ rather thanの扱い
第275話 ①(be) not with+O1 but concern+O2
②initiating policies independent of ~ or (initiating policies) in the context of ~

①前置詞butの機能と動詞concernの用法
②前置詞orの機能
第276話 ①A(n) in+O that V+O
②(be) to+V原形 that V ~ to-inf
③S+V how to-inf based on+O
④act as+O1 for+O2

①関係詞の直前にある前置詞語句の扱い
②to-infの被修飾語は?
③前置詞の被修飾語は?
④前置詞の被修飾語は?
第277話 ①S+V1 not, nor V2+S
②S+V+claims to+O1 around+O2
③V(vi) the same as+O
④want+O1 to-inf, O2, and O3+pp

①norの扱い
②2つの前置詞の被修飾語は?
③the sameの扱い
④他動詞の機能とandの形式の同一性
第278話 ①characterized by+O, S+V
②S(物) saw+O
③S+V+O1(A) more than O2(B)

①受動態の文頭語
②物主語と動詞see
③more thanの用法
第279話 ①(be) perceived to have+pp
②recognized that S+V
③acknowleged that S+V
④both A as well as B
⑤its symbolic power and the action that V+adv-phr
⑥most importantly, V+S, which ~

①動詞perceiveの用法
②動詞recognizeの用法
③動詞acknowledgeの用法
④前置詞as well as の用法
⑤前置詞andの用法
⑥この構造は何だ?
第280話 ①discouraged from v-ing
②discouraged from ~, reducing+O
③contributing to rather than alleviating+O
④worked together to solve+O
⑤allowing for+O to be+C
⑥acted to amend+O1, allowing for+O2, enhancing +O3

①生物を目的語とする他動詞
②分詞構文の主語との関係は?
③rather thanの用法とは?
④不定詞の副詞的用法と動詞の関係
⑤動詞allow forの用法は?
⑥分詞構文の接続詞の省略
第281話 ①while S1+V1 given+O(n), S2+V2
②S1, and especially S2, has been+pp
③pro-democratic changes that V1+adv1 that V2+adv2
④~ changes that V1+adv1 that V2+adv2, such as+O

①接続語givenの用法
②andと一致の法則
③二重限定とは?
④前置詞such as の用法
第282話 ①most often when S1+V1, S2+V2
②the distribution of+O1 by+O2

①most often whenとは?
②動詞distributeの用法
第283話 ①S(物) are selected to be+C
*(a) S1(物) was selected because S2+V2
*(b) S(物) was selected as+O
②although not+C(adj) because of+O
③reconcile+O1 with+O2

①be selected toの表現法とは何?
②not ~ because ofの表現法
③動詞reconcileの用法
第284話 ①note that S+V
②nearly a decade before+O
③one’s vision that S2+V2 V1

①that節を目的語とする命令文の構造とは?
②前置詞語句の直前の数詞の働きは?
③同格語that-clを主部に置いた構造とは?
第285話 ①(be) expanded to-inf
②S led+O to-inf

①動詞expandの用法
②動詞leadの用法
第286話 ①apology to+O1 for+O2
②A(n) involving+B(n) regarding+C(n)

①二重前置詞を取る動詞の機能
②involvingとregardingの用法
第287話 within a month after+O, S+V
数詞の働き
第288話 worded another way, S+V
分詞構文
第289話 ①S1+V! while S1+V2
②A(n) centering on+O
③A(n) with and B(n) to+O

①whileの用法
②動詞centerの構造的機能
③andの用法
第290話 ①in preparation for+O1 and in response to+O2, S+V
②taking advantage of+O, S+V
③A(n) designed for+O

①前置詞句の判定
②分詞構文の付帯状況か?
③動詞designの分詞としての用法
第291話 ①receive a boost from+O
②looking forward, S+V
③an organization based on+O1 organizationally distinct from+O2

①動詞receiveと前置詞fromの用法
②分詞構文の接続詞省略か慣用か?
③副詞organizationallyの働きは何か?
第292話 ①(be) called to-inf
②from+O1 aimed at ~ to+ adv oriented O2

①動詞callの用法
②過去分詞の用法
第293話 ①both a adj1 as well as adj2 O
②not only for+O, but also because S+V
③ranging from+O1 to+O2 to+O3
④with+O, S+V

①as well asの用法
②等位接続詞butの用法
③from ~ toの用法
④文頭のwithの用法
第294話 ①(be) geared to+O
②(be) dedicated to+O
③S is to-inf

①動詞gearの用法
②動詞dedicateの用法
③be+to-infの用法
第295話 ~ S would do if S were to+V原形
仮定法未来
第296話 prioritize+O1 over+O2
比較級の表現法と動詞
第297話 ①V1, has V2ed and V3
②of appropriate rather than the same+A(n)
③S (物) +not only V1~, it+ also V2
④V+innovate solutions to+O

①誤表現に近い表現法
②誤表現
③誤表現
④誤表現
第298話 ①It is because S1+V2 that S2+V2, and it is because of+O that S3+V3
②S+, of all possible things~, V the most
③S+, with+O1, V+O2

①it~thatの構文
②主部の挿入語句の扱い
③主部の挿入語句の扱い
第299話 ①most striking is+S
②albeit prep+O, S+V

①be動詞と倒置の用法
②接続語albeitの用法
第300話 What S1+V1, and the reason that S2+V2, is that S3+V3, and the resources and tools that S4+V4, are ~
and以下の挿入語句の用法は何か?
第7巻(完) 目次 NEW!
第301話 ①S1+ not any of+O as ~ as S2+V2
②unfortunately, S+V
③not because of who S1+V1, but because of who S2+V2

①anyの働き
②文全体修飾副詞
③not~but、前置詞の目的語の構造
第302話 ①S (物)+ saw+O (物)
②S1+V1, when S2+V2

①物主語と動詞seeの用法
②関係副詞の継続的用法
第303話 ①both about what and how S+V+O
②neither of+Oes
③ended up being+C

①前置詞aboutの目的語の形態、動詞Vとwhatの関係
②neither ofの用法
③動詞end upの用法
第304話 ①V1 (vt) when S2+V2
②remember+O+V-ing
③more (n) ~ rather than+O
④the first+A (n) to-inf

①他動詞と関係副詞の用法
②動詞rememberの用法
③more ~ rather thanの用法
④the firstの用法
第305話 ①S+V, even choosing to-inf
②modify+O to-inf
③(be) aware of+O

①分詞構文の付帯状況
②不定詞の付加的用法が動詞との関係で行為・結果になるとは?英文における目的語・副詞的用法(目的)と日本語との関係は?
③自動詞の他動詞化
第306話 ①made use of+O to-inf
②It is A’s face ~, ~, that V+O
③felt stifled by+O

①動詞と不定詞の副詞的用法(目的)との関係
②it~thatの強調構文
③feel+Vedの関係
第307話 ①S+ did not make it to+O
②Disillusioned with+O1~, S+accepted+O2 as+O3
③won+O to-inf
④moved back to+O1 to-inf

①make itの用法
②分詞構文の接続詞省略、動詞acceptの機能
③動詞と不定詞の副詞的用法(目的)との関係
④動詞と不定詞の副詞的用法(目的)との関係
第308話 ①Whereas S (物) felt stifling ~, S (人) felt liberated ~
②Not one to be idle, S+V
③Adopting+O, S+V
④flyers to+O1 asking+O2 to-inf

①主語と補語の関係
②文頭語の形態
③分詞構文の付帯状況とは?
④askingの被修飾語
第309話 ①if it hadn’t been for ~, I don’t think I would have+Ved
①仮定法の条件節と主節の関係
第310話 ①without regard to+O
②as with+O, S+V
③pride oneself on+O

①前置詞句
②as withの表現法
③動詞句
第311話 ①(be) lucky enough to join her ~
②~ to join her for ~
③~ preservation group that she helped found ~
④exemplifies the merging of ~Japanese values in ~ ways

①形容詞luckyの用法
②動詞joinの用法
③helped foundの用法
④前置詞inの被修飾語
第312話 ①Unusual for+O, S+V
②it was not that S1+V1, but rather that S2+V2
③too busy and engaged with+O to-inf
④Partially a function of+O1, and partially because of+O2, S+V

①分詞構文の分詞の省略
②it~thatの強調構文とnot~butの慣用句
③too~toの慣用句
④前置詞asの省略
第313話 ①There is much that Vs
②If it looks like S1+V1, S2+V2
③S+V1+O with a sensitivity ~, but one that V2
④By the time S1+V1, S2+V2

①There is much that Vs
②If it looks like S1+V1, S2+V2
③, but one ~は何か?
④前置詞とみるべきか従属接続詞とみるべきか?
第314話 ①~about whether to-inf, how to-inf, ~ as well as whether and when to-inf
②A (n) aged thirty-five to forty
③S+, while certainly not typical, V

①接続詞とto不定詞
②動詞ageの用法
③挿入語句の扱い
第315話 ①I was surprised that S+V
②tell anyone about it S+V
③V+O1 based on+O2

①動詞surpriseとthat-clの関係
②it~thatの用法で、thatの省略
③前置詞based onの用法
第316話 ①much less emphasis would have been put on ~
②All told, S+V
③ ~ wondering what happened to ~

①much lessの用法
②分詞構文
③動詞wonderと間接疑問詞
第317話 ①~ seemed designed
②S1+V1 such that S2+V2
③Consistent with+O, S+V
④it was expected that S+V

①動詞seemの用法
②接続語such thatの用法
③Consistent withは前置詞か?
④it~thatの用法
第318話 ①were when S+V
②Jump five years ahead to+O

①間接疑問詞と関係副詞の区別
②副詞aheadの用法
第319話 ①between quitting ~, waiting ~, and trying ~
②At the time S1+V1 S2+V2

①betweenの用法
②前置詞語句か従属接続詞か?
第320話 ①my dissertation and first book
②Similar to+O1, and similar to+O2, S+V

①andの用法
②similar toは前置詞か?
第321話 ①A (n) coupled with+O
②choose whom to marry or not marry.
③(be) sad that S+V

①動詞coupleの用法
②chooseの目的語とwh-to-inf
③be sadの用法
第322話 ①deliberating about and carrying out
②a charming British accent, the legacy of ~

①前置詞と他動詞の目的語
②2つの語句の関係
第323話 ①debated moving to+O
②S+V, so being located ~
③live long term

①動詞debateの用法
②nexusの法則の適用
③動詞liveの用法
第324話 ①S+V to be close to+O
②live on the coast close to+O
③Looking to+O1 as+O2

①close toの用法
②close toの用法
③動詞look toの用法
第325話 ①(be) happy with one’s A(n) to stay (at) home
②A (n) that she foresaw would happen

①adj+prep+O to-infの節との関係
②関係詞直後の挿入節
第326話 ①Although S+V, there were integrated into+O
②A(n) that S+ (be) involved with

①どんなthere is 構文か?
②副詞withと関係詞の関係、withとin
第327話 ①S(物)+concern+O(物)
②inquired into+O

①動詞concernの用法
②動詞inquireの用法
第328話 ①S+Vwhen S2+V2 and as S3+V3
②A(n) expected of+O
③S+V(be) grown
④S+V(be) not nearly as high as+B(n)

①等位接続詞andの用法
②動詞expectの用法
③過去分詞grownの意味と用
④not nearly as ~asの用法
第329話 ①S1+V1+the ways in which S2+V2
②S(物)+remains+C

①関係副詞と間接疑問詞の関係
②動詞remainの用法
第330話 ①It is not likely that S+V
②Such has not been the case for
③S+, with its preference for+O1, V+O2
④S1(物)+expected that S2+V2
⑤(be) guaranteed to be+pp

①it is likely thatの用法
②such is the caseの用法
③挿入語句with+Oの用法
④物主語と完全他動詞との関係
⑤動詞guaranteeの用法
第331話 ①there are+S (生物) serving
②S+V as+O1, not specifically as+O2
③No longer are there+S

①there is構文と分詞
②付加的構造物の意味上の役割
③there is 構文と倒置
第332話 ①S+V+C1 (adj), C2 (n)
②S(IO)+(be) given+O (DO)
③It may be that S+V
④S1+V1+ sufficiently C (adj) that S2+V2
⑤As S1+V1 even as S2+V2, S3+V3
⑥~ have more in common with+O

①性質の異なる構造物間に同格は成り立つか?
②IOが主語の場合の訳出法
③it ~thatの文
④従属接続詞thatの用法
④従属接続詞thatの用法
⑤従属節内の従属節
⑥前置詞句の被接続語
第333話 ①Hopefully S+V
①文修飾副詞
第334話 ①Extrapolating from+O, S+V
②A(n) deemed suited for+O

①分詞構文の用法
②他動詞deemの用法
第335話 ①At no time will S+V
②~ agree on which A(n)+V1, B(n), how to-inf, or which C(n)+V2

①副詞語句を強調するための倒置
②前置詞の目的語の形態と接続詞orの用法
第336話 ①S+V(be) a concept that is+C(adj)
②~ is not merely C(n) but also V+O
③S+V prep+O1, including+O2

①伏線用語と接続語の関係
②等位接続詞butの用法
③前置詞ではないincludingの用法
第337話 ①Essentially, S+V
①文修飾副詞の用法
第338話 ①Of the three issues identified in this book where S+V
②reconcile in+O
③explain away+O1 as+O
④S+ is the way that S+ is because S+ is Japa- nese
⑤discern how S+V

①関係副詞の先行詞はどこ?
②他動詞がなぜ自動詞に?
③他動詞explain awayの用法
④英語の不可解な表現
⑤他動詞discernの用法
第339話 ①S1(物) requires that S2+V
②Not only V1+S1, but S2+ also V2
③While C, S+V2

①require thatと物主語
②not only~but alsoと2つの節
③文頭の従属節と主述の省略
第340話 ①S1(物) shows how S2+V
①show how ~と物主語
第341話 ①S1+ not always V1, but also V2
①not only~but alsoの変形
第342話 ①Enriched by+O, S+V
②Supported by+O1, encouraged by+O2, and operating in+O3, S+V

①分詞構文の本質
②分詞構文の本質
第343話 ①it responded by+O(v-ing)
②(be) not moved to-inf ~, but rather S+V

①自動詞respondの用法
②他動詞moveの用法とnot~butの用法
第344話 ①Whether and how S+V is+C
②look to+O1 as+O2
③challenge+O to-inf

①等位接続詞andの用法
②他動詞look toの用法
③他動詞challengeの用法
第345話 ①there may be+S, supporting+O
②S1+ is the first to demonstrate, using+O, that S2+V
③the rise of+O to power

①この現在分詞の用法は何か?
②この現在分詞の用法は何?
③前置詞ofの用法
第346話 ①S+V, with+O
②S+V, often in cooperation with+O

①前置詞withの用法
②前置詞語句の用法
第347話 ①Just as Levi (1988) argued was the case when S1+V1, S2+V2
①as節への挿入語句
第348話 ①Comparatively, S+V
②Compared to+O, S+V

①文修飾副詞と一般の副詞との違い
②分詞構文か前置詞か?
第349話 ①To the dismay of+O, S+V
②S+is small compared to+O
③S+ (be) traded for+O

①前置詞による文修飾副詞語句
②compared toの用法
③動詞tradeの用法
第350話 ①Combined with+O, S+V
②it is easy for+O to-inf, V1-ing ~ and V2-ing
③S+V, although not necessarily+C
④S1+ act as S2+V

①分詞構文の拡大
②等位接続詞andの用法
③althoughの等位接続詞の用法
④接続語asの用法

購入お申込みフォーム

  • お申込み後、ご入金いただく銀行口座をメールにてご案内いたします。
  • 入金確認後、ダウンロード用のパスワード情報をご案内させていただきます。
お名前(必須)
お名前(ふりがな)(必須)
E-Mail(必須)
E-Mail(確認用)(必須)
ご購入内容(必須)





Copyright(C) Saikigakuen Co., Ltd.